特別割引 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
初めての方へ
各種施術
整体
産後のケア・マタニティーケア
東洋医学鍼灸治療
美容鍼灸
小顔矯正
子供の整体・小児ばり
交通事故・労災
岩永朋之整体サロンについて
施術料金・システム
スタッフ紹介
営業日 ・ 交通案内
予約・お問い合せ
岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故 072-724-3634
562-0042 大阪府箕面市百楽荘3-5-10
受付時間
午前 9:00-13:00 / 午後 16:00-20:00
休業日 木曜日・祝日
雑誌紹介 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
anan
anan
2012年
12月26日発売号
実績多数、技術で多くの女性に選ばれているサロンとして掲載されました。
anan
CREA
2012年11月号
産後の骨盤矯正・女性のお悩み改善!美容鍼灸や生理痛等の女性疾患に力をいれているサロンとして掲載されました。
岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故

【症例】産後から体中あちこちの症状でお悩みだった方の解消例

2019年10月5日 土曜日

産後から、恥骨痛や背部痛、疲労感、肩こり、むくみ、前腕痛などと体中全身に何かしらのお悩みを抱えている方でした。甲状腺の既往があり、それが今回の色々な症状を生んだ一つの原因であると考えらえました。そんな、全身の症状でお悩みだった方の回復までの道のりを解説していきますね。



利用者

30代女性 吹田市在住

主症状

恥骨痛
背部痛
疲労

その他の症状

肩こり
むくみ
前腕痛
殿部痛
蕁麻疹

過去に受けていた施術

鍼灸治療

主な施術ポイント

疲労除去
関節の安定性

施術の経過と内容

1回目
問診を行なうと、症状が非常に多く出ていた。
恥骨痛、背部痛、肩こり、むくみ、前腕痛、疲労、殿部痛、蕁麻疹が産後からの症状であった。
症状が多いがその中でも日常生活に大きく支障をきたしている、
恥骨痛と背部痛、疲労感を解消する事を始めの目標として置いた。
骨盤の歪み等もあるが、内臓疲労の反応が出ていたりと、身体全体が重い感じがあるので、
先ずは疲労除去が優先と考え、それを除去するような循環改善を中心とした施術を行なう。

2回目
3日後来院
むくみ、前腕痛、殿部痛は軽減傾向もその他は、大きくは変わらず。
骨盤の歪みは整っているが、緩みはある。
そこが恥骨痛を生じ、上半身に過剰に負担を与えて背部痛を出していると思われた。
施術は循環改善を目的としたアプローチを行ない、
骨盤の安定性を高めるような施術を行なう。
骨盤底筋の入れ方指導実施。

3回目
6日後来院
殿部痛は解消。恥骨痛も大分ましになった。
その他は、施術後4日間は楽だったが徐々にしんどくなってきた。
引き続き循環改善を目的としたアプローチと骨盤の安定性を高める施術を中心に行なう。
骨盤底筋チェック→良好→更に骨盤底筋を強化する為のトレーニング指導実施。

4~5回目
施術を行なえば、4~5日は楽になるがその後徐々にしんどくなるような状態が続く。
施術は前回と同内容で実施。

6回目
体調良好
初回にあったすべての症状が気にならない程度へ変化。
内臓疲労の反応も消失し、身体の重さも消失。
骨盤の緩みも解消し、硬さが出てきて安定性が向上。

7回目~
引き続き体調は良好
育児の状態により一時的にしんどくなったり、痛みを生じる事はあるが、
寝て起きたら、翌日は問題無い状態になっている。
現在は、通院間隔を空けてメンテナンスを行い症状の再発が出ないようにして経過観察中である。

考察

今回の症例は産後からの恥骨痛、背部痛、肩こり、むくみ、前腕痛、疲労、殿部痛、蕁麻疹でお悩みのケースであった。

非常に症状が出ている部分が多かったが一番のお悩みは恥骨痛と背部痛、疲労感であった。

この患者さんの既往歴として甲状腺機能低下症があった。
それが、むくみや疲労、蕁麻疹等と関係してたのだと思われた。
但し、産前はそこまで症状は大きくは出ていなかったにも関わらず
産後になって直ぐから上記の様な症状が一気に出てきたのか?
それは、一言で纏めてしまうと疲労であったと考えられる。

この方は、産後に体重が-7kgになった。
これは、甲状腺機能低下症の影響もあるとは思われるが、
その甲状腺機能低下をより進行させたのが、疲労であったと思われる。

疲労がトリガーとなって、甲状腺機能低下症をより活性化させて
疲労感が強くなったり、体重減少へと繋がったと思われる。
また、ホルモンの関係で関節は緩み、筋力は低下している為、
自分の身体を支える事もやっとの状態で毎日育児生活でバタバタした事で、
疲労が蓄積されて症状がより拡大していったと思われる。

既往歴が無くても、産後は身体は弱った状態である。
でも、弱った状態でも育児をしなくてはならない。
周囲に協力を求める環境であれば未だ幸いだが、
今回の様に、ご主人さんは仕事で一日中いない、近くに家族もいないので協力を求める事が出来ない。
身体はしんどくて、ボロボロの状態だけど育児は自分が一人でするしかない。
こんな環境になれば、心身ともにボロボロの状態になって疲労が蓄積するのは当然ですよね。

日本人は傾向として、疲労感を結構軽く見ている方が多いです。
このくらい大丈夫だよね。という感じでケアをせずに放置する方が多いです。

でも、産後の場合は特に日が経てば経つほどどんどん育児のストレスは増えてきます。
なので、そのまま放置していも疲労感などが解消される事は難しいと思われます。

周囲に協力を求める事が出来る環境の方は、遠慮せずに協力を求めてほしいのと、
協力を求める事が出来ない環境の方は、一刻も早く自分の身体のケアをして、
育児生活に耐えれる体にしてもらう事が重要です。

疲労をしっかりと除去して、身体の安定性を高めてあげれば育児生活が多少きつくても大丈夫な体になります。
今後の快適な育児生活の為には早めの行動が重要となる事をしっかりと覚えておいてくださいね。


※個人の例です。全ての方に効果を保証するものではありません。

サイトマップ
ホーム
初めての方へ
各種治療
施術項目・料金
お喜びの声
スタッフ紹介
営業日・交通案内
予約・お問い合わせ
リクルート
症例紹介
岩永朋之整体サロン
Copyright © 大阪 岩永朋之整体サロン 2015 All Rights Reserved.

PAGE TOP

072-724-3634