特別割引 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
初めての方へ
各種施術
整体
産後のケア・マタニティーケア
東洋医学鍼灸治療
美容鍼灸
小顔矯正
子供の整体・小児ばり
交通事故・労災
岩永朋之整体サロンについて
施術料金・システム
スタッフ紹介
営業日 ・ 交通案内
予約・お問い合せ
岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故 072-724-3634
562-0042 大阪府箕面市百楽荘3-5-10
受付時間
午前 9:00-13:00 / 午後 16:00-20:00
休業日 木曜日・祝日
雑誌紹介 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
anan
anan
2012年
12月26日発売号
実績多数、技術で多くの女性に選ばれているサロンとして掲載されました。
anan
CREA
2012年11月号
産後の骨盤矯正・女性のお悩み改善!美容鍼灸や生理痛等の女性疾患に力をいれているサロンとして掲載されました。
岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故

【症例】自律神経失調症・・・偏頭痛、めまい、不眠|男性|整体

2017年3月7日 火曜日

この方は、体の構造面や機能面以上に、感情のコントロールや処理に関する要因が強かったです。

自分の部下や知人など、自分が思っていることや感じたことを表現するのが難しく、その環境が長期にわたって続くことで、今回の症状につながっていた可能性があります。

東洋医学的にも、「怒・喜・思・憂・悲・驚・恐」など、自身の感情に関する要因が指摘されています。
これは、それぞれがバランス良く適度に表現・発散されているのが良い状態であり、極度に感情を抑え込んだり、偏って発散していると、体調を崩してしまうというものです。

体のバランス調整ももちろんですが、今回の施術では主にこの感情のコントロールについての指導に重きを置きながら施術しました。

人の習慣や考え方というものは、長い時間をかけて形成されるものですので、変わることは簡単なことではありません。

しかし、本当に改善したいと思っていれば、原因と対策が見つかることで改善も見込めます。
このストレス社会、日本人の特性上、感情のコントロールも注意をしなければなりません。


J.Uさん 男性 40代

 

悩み

自律神経失調症・・・偏頭痛、めまい、不眠

 

頭痛は中学時代から(病院に通ったが改善せず)

眠りについては、就寝するのに1時間かかり、眠って2~3時間で目が覚める。その後は朝まで眠れずにずっと起きている。

 

その他の症状

腰痛

 

過去に受けていた施術

整体、マッサージ

 

主な施術ポイント

頭蓋骨、感情のコントロール

 

施術内容と経過

【1回目】

 リンパや血液などの循環系が滞っていたので、まずは疲労除去や副交感神経優位な状態を作るために全身施術。

 

【2回目】

体は軽くなった気がするが、症状に変化なし。

感情のバランスを見る検査にて、「怒り」で反応あり。

主に近い間柄での人間関係で怒りを発散できていない様子。

 

全身調整に加えて、怒りの発散方法や捉え方をアドバイス。

 

【3回目】

前回と特に変化はなし。

しばらく同様の方針で施術。

1週間に1度の間隔で経過観察。

 

【4回目】

めまいや頭痛の症状が全体的に2割ほど軽減。

 

【5回目】

中途覚醒後、眠れそうな感覚はでてきたが実際に入眠には至らない。

 

【6~7回目】

以前アドバイスしていた怒りなどの感情の発散をできるようになってきたとのこと。

症状自体は4回目の時と同じ状態をキープ。

 

【8回目】

1週間のうち1日だけ、AM1:00~6:00まで寝れた日があった。

 

【9回目】

先週のように朝まで寝れる日はなかったが、めまい・頭痛は感じなくなった。

 

【10回目】

1日だけ、AM1:00~6:00まで寝れた日があった。

 

【11回目】

0時~7時までの間でぐっすり眠れた日が1日あった。

中途覚醒はあるものの、その後すぐに寝られるようになった。

 

【12~13回目】

朝までぐっすり眠れる日が2日あった。

他の中途覚醒の日もその後にすぐに眠れた。

 

当初一番辛かっためまいや頭痛は9回目以降一切感じなくなった。

 

もうしばらく施術を続けながら、中途覚醒なく眠れる日を増やしていく。

 

考察

この方は、体の構造面や機能面以上に、感情のコントロールや処理に関する要因が強かったです。

 

自分の部下や知人など、自分が思っていることや感じたことを表現するのが難しく、その環境が長期にわたって続くことで、今回の症状につながっていた可能性があります。

 

東洋医学的にも、「怒・喜・思・憂・悲・驚・恐」など、自身の感情に関する要因が指摘されています。

これは、それぞれがバランス良く適度に表現・発散されているのが良い状態であり、極度に感情を抑え込んだり、偏って発散していると、体調を崩してしまうというものです。

 

体のバランス調整ももちろんですが、今回の施術では主にこの感情のコントロールについての指導に重きを置きながら施術しました。

 

人の習慣や考え方というものは、長い時間をかけて形成されるものですので、変わることは簡単なことではありません。

 

しかし、本当に改善したいと思っていれば、原因と対策が見つかることで改善も見込めます。

このストレス社会、日本人の特性上、感情のコントロールも注意をしなければなりません。


※個人の例です。全ての方に効果を保証するものではありません。

サイトマップ
ホーム
初めての方へ
各種治療
施術項目・料金
お喜びの声
スタッフ紹介
営業日・交通案内
予約・お問い合わせ
リクルート
症例紹介
岩永朋之整体サロン
Copyright © 大阪 岩永朋之整体サロン 2015 All Rights Reserved.

PAGE TOP

072-724-3634