特別割引 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
初めての方へ
各種施術
整体
産後ケア・マタニティケア
東洋医学鍼灸治療
美容鍼灸
小顔矯正
子供の整体・小児ばり
交通事故・労災
岩永朋之整体サロンについて
施術料金・システム
スタッフ紹介
営業日 ・ 交通案内
予約・お問い合せ
岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故 072-724-3634
562-0042 大阪府箕面市百楽荘3-5-10
受付時間
午前 9:00-13:00 / 午後 16:00-20:00
休業日 木曜日・祝日
雑誌紹介 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
anan
anan
2012年
12月26日発売号
実績多数、技術で多くの女性に選ばれているサロンとして掲載されました。
anan
CREA
2012年11月号
産後の骨盤矯正・女性のお悩み改善!美容鍼灸や生理痛等の女性疾患に力をいれているサロンとして掲載されました。
万病の元、冷え!!
2017年12月6日 水曜日

12月に入り、寒さもだんだんと本格的になってきましたよね。この季節たくさんの人が末端など身体の冷えで悩んでいると思います。少しでも体が芯からポカポカになれるように、冷えの傾向と対策についてお話します!





・冷える理由



冷える理由には、大きく分けて3つあるんです。


まず、体内で熱が作れないパターンです。


基礎代謝は、一人一人違いますが


1日のエネルギー消費の60~70%を占めています。


体の部位ごとに基礎代謝を分けると、


筋肉が約38%、肝臓が約12%、


胃腸と腎臓がそれぞれ約8%、脾臓が約6%、


心臓が約4%、その他が約24%。


筋肉が一番多くの割合をしめています。


つまり筋肉量が少ないと、生み出せる熱が少なくなってしまうんです。


男性より女性に冷えを感じる人の割合が多いのは、


女性の方が筋肉量が少ないからです。



二つめは、作られた熱が全身に届かないパターンです。


その主な原因は、この季節に多い自律神経のバランスの乱れ。


バランスが乱れると、血流が滞り全身に熱が送られなくなってしまいます。


これはエアコンの効いた室内と屋外を出入りして、


血管が収縮したり拡張したりすること頻度が増えることでも起こります。


不安やストレスが原因となっていることもあります。


さらに、食べ過ぎも冷えの要因になります。


食べ過ぎると消化のために血液が胃腸に集まってしまい、


熱産生量の多い筋肉やほかの器官への血液供給が減ってしまうんです。




三つめは体内の熱が逃げやすいという場合です。


血流が悪くて体が冷えているため汗をかきずらかったり排尿が少なかったりと、


水分が十分に排出されていない人は体に不要な水分がたまり、


冷えやすくなってしまうのです。


また、皮下脂肪の量も問題です。


脂肪には断熱効果があります。


しかし、筋肉とは異なり脂肪には血管がほとんどないので、


熱が加わってもその熱が全身に伝わりにくいのです。


冷えによって起こる症状は、人それぞれです。


特に冬は足先、指先が冷えるなど、体のほとんどの部分で冷えを感じる場合が多いですよね。


反対に夏は、肩やお腹など、体幹部に冷えを感じる人が増えています。


それがひどくなると、疲労感、不眠、イライラ、集中力の欠如、偏頭痛、肩こり、食欲不振、目の下のクマなど、


さまざまな症状につながってしまいます。



・冷え対策




冷えに対して有効なのは適度な運動です。


20分程度のウォーキングやストレッチなどは、冷え対策だけでなく健康増進に役立ちます。


また、呼吸や質の高い睡眠も冷え対策に大切です。


血流が滞ってしまうと冷えにつながるので、


体を締め付ける服や下着は避けましょう。


入浴で血行を促進するなどのケアもとても大切です。


・冷えと食事




食事では冷たいもの避けて、体温以上のものを摂るのがベストです。


よく噛んで食べることも重要です。


食材選びも少し気を使ってみるとよりいいと思います。


食品には、体を温める「陽性食品」と体を冷やす「陰性食品」があるといわれています。


<体を温める食品の例>



 野菜類――ニンジン、カボチャ、玉ネギ、山芋など
 肉・魚類――鶏肉、羊肉、鮭、鯖、タラ、ふぐなど
 調味料・香辛料――味噌、ニンニク、コショウ、シナモンなど
 豆類など――小豆、黒豆、納豆など



<体を冷やす食品の例>


 野菜・果実類――キュウリ、レタス、トマト、柿、梨、バナナ、メロン、スイカ、パイナップルなど
 飲料――麦茶、コーヒー、牛乳、豆乳など
 調味料など――酢、植物油など



ただ野菜を摂るのでは無く、体を温める食材を選ぶとより体に優しいですよね。


体を冷やす食材ばかりにならないようにすることがポイントです。


地下に向かって成長する根菜のほとんどは、体を温める食品です。


トマトや柿などの例外はありますが、


赤や黒など色の濃い食べ物の多くは体を温める食品です。


反対に、地上で育つ葉物野菜や南方産の果実、


色の白っぽい食品は体を冷やすものが多くなっています。


ちなみに、りんごやサクランボなど、北方産の果実は陽性食品と陰性食品の中間だといわれています。


・ショウガで体を温める




体を温める食品の代表として、ショウガを思い浮かべる方多いですよね。


しかし、ただショウガを食べるだけじゃ効果がないんです。


というのも、ショウガを生で食べても体をほとんど温めません。


ショウガは腸管の粘膜の血流を増やすなど胃腸には非常にいいのですが、冷えが解消されるわけではありません。


というのも、生のショウガに含まれるのは「ジンゲロール」という成分で、


効能のひとつとして血管を拡張し血行をよくして、


体の深部にある熱を手先や足先に運んでくれる働きがあることがわかっています。


しかし、血流が良くなるぶん一時的には温まったように感じますが、


体の深部の熱は奪われてしまっており、


また気温が低い場合は拡張した血管が冷やされることで


逆に体を冷やしてしまう恐れがあるということ。


刺激はありますが、体をほとんど温めることはないのです。


しかし、そのジンゲロールを100℃以下で加熱したり乾燥させたりするとその一部が脱水症状を起こし、


『ショウガオール』という成分に変化します。


ジンゲロールから変化したショウガオールには体幹部を中心に熱を作り出して体を芯から温める働きがあります。


またショウガオールは『加熱しただけ』『乾燥しただけ』よりも、


『加熱してから乾燥させる』という工程を行った方が増えるんです!


例えば、電子レンジやオーブンなどで加熱した生姜を天日干しした『干し生姜』を作ること。


手間はかかりますが、数段に体ポカポカ効果がアップします。


ここでも1点注意点が。せっかく温めてジンゲロールをショウガオールに変化させても、その温度下がり、


ショウガオールの成分が水と結びつく環境下では再びジンゲロールに戻ってしまう恐れがあります。


生姜料理を食べる時には必ずアツアツを頂くようにしましょう。


そこでオススメなのは『乾燥生姜』


乾燥生姜なら、乾燥生姜と鶏ガラスープにお湯を注ぐだけで簡単に体を温めることができます。


いろいろなスープや、お鍋にも乾燥生姜をまざてみると簡単に摂取できるのでオススメです。


サイトマップ
ホーム
初めての方へ
各種治療
施術項目・料金
お喜びの声
スタッフ紹介
営業日・交通案内
予約・お問い合わせ
リクルート
症例紹介
岩永朋之整体サロン
Copyright © 大阪 岩永朋之整体サロン 2015 All Rights Reserved.

PAGE TOP

072-724-3634