特別割引 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
初めての方へ
各種施術
整体
産後ケア・マタニティケア
東洋医学鍼灸治療
美容鍼灸
小顔矯正
子供の整体・小児ばり
交通事故・労災
岩永朋之整体サロンについて
施術料金・システム
スタッフ紹介
営業日 ・ 交通案内
予約・お問い合せ
岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故 072-724-3634
562-0042 大阪府箕面市百楽荘3-5-10
受付時間
午前 9:00-13:00 / 午後 16:00-20:00
休業日 木曜日・祝日
雑誌紹介 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
anan
anan
2012年
12月26日発売号
実績多数、技術で多くの女性に選ばれているサロンとして掲載されました。
anan
CREA
2012年11月号
産後の骨盤矯正・女性のお悩み改善!美容鍼灸や生理痛等の女性疾患に力をいれているサロンとして掲載されました。
チックの改善の鍵 愛情は受取手次第
2017年10月28日 土曜日

チック。一言でチックといっても様々な症状があります。瞬き、鼻を動かす、声が出る、口をもごもご、咳払いetc。チックは一つの表現だと捉えることができます。その表現が何を表しているかしっかりと考える必要がありそうですね。


チックの症状が落ち着きました


子供とくま
今日、チックで通っていたお子さんK君(仮名)の状態を聞くと
かなり落ち着いてきてキーキーいうことも少なくなったとのこと。



チックの症状はといえばこんな感じでした



口を動かす
鼻をヒクヒクさせる
キーキー言う
落ち着きがない


といった感じ。



要因は〇〇不足



K君の場合は
単純に「愛情不足」。


単純なようで単純ではないのだが・・・。


チックはいろんなパターンがありますが
今回は「愛情不足」が原因のパターンについて。


K君のケースは
お母さんに自覚があったので割とスムーズに改善しましたが
自覚がないケースが一番厄介なのです。


私も「お母さん!愛情ありますか??」
なんて聞き方はしませんがお話をしていると大体わかってしまいます。



お兄ちゃんは我慢していました



K君は
3人兄弟の長男
一番下の子が生まれてK君への風あたりは強くなったよう




まあ、これは仕方がない部分もありますが2人以上お子さんがられる方は自覚があるかと思います。


真ん中の子はすごく甘え上手だそうで
お父さんもつい真ん中の子と遊んでしまうそう。



K君に質問してみました


「お父さん、お母さんとの思い出で一番楽しかったことは?」


答えは


「遊園地に行ったこと・・・」


K君は今8歳


その遊園地に行ったのは4歳の時のことだそうです。


K君にとって4歳から思い出がバージョンアップされていなかったのです。



知らず知らずかけてしまう言葉・・・



お母さんとお父さんも愛情を注いでいないつもりわなかったのです。


でも、知らず知らず


「お兄ちゃんなんだから・・・」


という状態になってしまったのです。


でも8歳の男の子ってまだまだ子供ですよね?


このような内容をお母さんに違った角度からお伝えした時にお母さんは涙を流されました。


この瞬間に私はK君は治るな
と確信しました。


まず、チックをなんとかしたいと
当院に連れてこられている時点で愛情はあるんですから。



愛情の注ぎ方がわからない



でも、いきなりどうやって愛情を注げばいいのか?


そこにはちょっとしたポイントがあるので
それを治療と交えてお家でできることをお伝えしました。



もちろん、1日や2日で劇的には変わりません。


(たまに1日で驚くような変化をする子もいますが・・・)



愛情は1日では伝わりません


それはこどもが寂しく感じていた時間が長ければ長いほど時間がかかります。


でも根気よくやっていればほとんど改善していきます。


ちなみに今回のケースはお母さんもかなりお疲れな様子でしたので
お母さんにもしっかり施術を受けていただいています。



お子さんのサインを見落とさないで!


声
チックは表現の一つです
チックはサインです


その表現やサインを見落としたり無視しないようにしてあげてください。


チックはもちろんこれらの問題だけでなく色々な要因も絡みますが
その根底に愛情というものがあるのは間違いないように思います。



愛情の表現は受取手次第



たまに私は愛情をそそいでます!と言われる方がおられます。
確かに愛情は注いでいるのかもしれません


しかし


コミュニケーションというのは受取手次第なのです。


これは子供と親だけでなく夫婦間や友達同士、上司と部下でも同じです。


発信側がいくら思っていても受取手側が感じていなければコミュニケーションは成立していないのです。


お子様にとって愛情が足りないと感じればそれは愛情不足なのです。


そういう私も妻にはよく言葉が足りないと怒られてしまいます・・・汗



あなたも今一度お子様への愛情が届いているか確認してみてください。


関連記事

岩永朋之整体サロンの小児整体について詳しくはこちら

急増!子供の低体温。放っておくと・・・

子供の便秘はあれを改善するだけ!?

子供の教育果たして褒めることはいいのか?

子供の成長に大きく関わる鉄分

子供の健康とビタミンC

子どもの整体・鍼灸(小児はり)

単なる風邪?いや、クループ症候群かもしれません

「親子関係」と「私」

関連症例

【症例】子供の首の痛み・ゴリゴリ感 |小学生・整体

【症例】夜寝付かない、落ち着きがない|子供整体

【症例】目をパチパチ、口をもごもご チック症の改善例

【症例】目をパチパチ、鼻を膨らませるチック症の改善例

【症例】首が気持ち悪くて動かしてしまうチック|吹田市の女児

【症例】口を開く、肩を揺らすチック症状|吹田市の小学生

サイトマップ
ホーム
初めての方へ
各種治療
施術項目・料金
お喜びの声
スタッフ紹介
営業日・交通案内
予約・お問い合わせ
リクルート
症例紹介
岩永朋之整体サロン
Copyright © 大阪 岩永朋之整体サロン 2015 All Rights Reserved.

PAGE TOP

072-724-3634