特別割引 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
初めての方へ
各種施術
整体
産後のケア・マタニティーケア
東洋医学鍼灸治療
美容鍼灸
小顔矯正
子供の整体・小児ばり
交通事故・労災
岩永朋之整体サロンについて
施術料金・システム
スタッフ紹介
営業日 ・ 交通案内
予約・お問い合せ
岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故 072-724-3634
562-0042 大阪府箕面市百楽荘3-5-10
受付時間
午前 9:00-13:00 / 午後 16:00-20:00
休業日 木曜日・祝日
雑誌紹介 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
anan
anan
2012年
12月26日発売号
実績多数、技術で多くの女性に選ばれているサロンとして掲載されました。
anan
CREA
2012年11月号
産後の骨盤矯正・女性のお悩み改善!美容鍼灸や生理痛等の女性疾患に力をいれているサロンとして掲載されました。
あなたの睡眠の質はホルモン分泌が鍵を握っています
2016年2月28日 日曜日

実は睡眠の質にはホルモンが大きく関与しています。メラトニン、成長ホルモン、コルチゾールといった名前のホルモン聞いたことありますか?。成長ホルモンはゴールデンタイムにしか分泌されないって本当何でしょうか??


あなたはこんなことを聞いたことがありますか?

睡眠時にホルモンが分泌しやすい。
成長ホルモンは大人には関係ない。
10時〜2時まではゴールデンタイムだからホルモンが分泌しやすい。
寝れば寝るほどホルモンがたっぷり分泌される。


でもこれって本当に正しい情報なのでしょうか?

【睡眠にホルモンが関与している】ということは皆さんもどこかで聞いたことがあると思います。

最近では研究が進みやや都市伝説的に言われている上記のようなことの実態が解明されてきました。

ホルモンの分泌される時間って決まってるんですよね。
今回はその説明とそのホルモンの役割についてお話します。

 



睡眠前〜睡眠時に増加するべきホルモンはこの3つ



①メラトニン

②成長ホルモン

③コルチゾール


この3つのホルモンです。

では、このホルモン1つ1つの役割と分泌時間について説明していきます。

 

①メラトニン



このホルモンは眠りにつく1〜2時間前に分泌量が増加します。

だから別名「睡眠ホルモン」と言われます。


睡眠ホルモンと名が付けられるだけに血圧、脈拍を下げ睡眠を安定される作用があります。

他にも抗酸化作用によって細胞の新陳代謝を促す。 体内時計の調整。などがあります。



*体内時計とは太陽に沿って明るかったら覚醒して太陽が沈み暗くなると眠たくなる。というリズムの事です。

この事から日中の明るい時は分泌が下がるのが基本です。

夜に明るい部屋にずっといると身体はお昼と勘違いして分泌が下がります。



まずこのホルモンが睡眠前に分泌して眠りやすい環境作ります。

そして、1日の体内時計のリセットを行い、身体は休むように作用します。

 

②成長ホルモン



このホルモンは最近まで10時〜2時までの間いわゆるゴールデンタイムに分泌されやすいと言われてきましたが、

最近の研究で事実が解明されました。


このホルモンは何時から何時の時に分泌されるというものではなく

寝付いてから最初の深い眠りの時に大量に分泌されます。


最初の深い眠りは寝付いてから3時間後ぐらいの時間です。

ですから、寝る前にメラトニンをしっかり分泌させて最初に深い眠りに付きやすい状態にしないといけませんね。


そしてこのホルモンの役割は体の成長(子供時)、皮膚や筋肉など組織の再生・修復、代謝促進、脂肪の燃焼、抵抗力をあげる、

疲労回復など重要な役割があります。 大人にも大切な要素がたくさんあるのです。

 

③コルチゾール



このホルモンは明け方から分泌量が増加し、朝の起床前後で分泌量が最大になるリズムを持ってます。

日中の活動に備えて分泌を始める事から別名「抗ストレスホルモン」と呼ばれます。


1回は経験した事があるのではないでしょうか?

「明日は何時に起きるぞ」と気合い入れて寝たら目覚ましが鳴る前に目が覚めた経験。

これは起床前にコルチゾールの分泌が増大して起きる準備、日中の活動の準備を体内で始めてるからです。


そしてこのホルモンの役割はストレスに打ち勝つように身体を安定させる作用です。

ストレスによって胃潰瘍になるのもこのホルモンの影響です。

一定のストレスを超えこのホルモンが大量に分泌されると胃酸の分泌を促します。



すると胃酸が必要もない状態なのに胃酸が出て胃を溶かしていきます。

すると胃に穴が開く。 これがストレスによって胃に穴が開くということです。

 

まとめ




①睡眠の質にはホルモンが関わる

②メラトニンが寝る前に分泌して睡眠しやすい環境を作る。

③メラトニンの作用によって深く質のよい睡眠に持って行き成長ホルモンの分泌を効率よくする。

④起きる前にコルチゾールを分泌させ1日の活動に備えて今日も1日が始まります。



これらのホルモンがうまく分泌されていると1日のリズムが整えられ不眠に悩まされることもなく、

疲れが取れやすく1日、1日を過ごしやすくなるかもしれませんね。

 

 

関連記事

快眠を得る方法

あなたは不快を見つける天才!!

自分で「自律神経」を整える唯一の方法

怒りのコントロール

チックの改善の鍵 愛情は受取手次第

【不眠改善】質のいい睡眠のために – マットレス編

【不眠改善】質のいい睡眠のために 寝る前の過ごし方編

不眠

日本一の眠りバカが教える「快眠を得る方法』

たった週に2回で体を超回復させる入浴法とは?

朝までぐっすり 睡眠の質を上げるヒントは赤ちゃんのあの現象にあった!

意外と知られていない「体内時計」の真実

自律神経失調

関連症例

『症例』不眠と腰痛を背中の施術で改善

『症例』明け方まで眠れなかった不眠

『症例』長年の不眠を鍼灸治療で

『症例』妊娠中の不眠

『症例』1回の施術で寝つきと肩こり、腰痛が改善

『症例』腰痛と自律神経の乱れ

『症例』背中の施術で不眠も腰痛も改善

『症例』自立神経の乱れが整体改善

『症例』きっかけは1つの症状から

『症例』めまい、フワフワ感にお悩み(産後の自律神経の乱れ)

『症例』多汗、動悸などの自律神経の乱れ

サイトマップ
ホーム
初めての方へ
各種治療
施術項目・料金
お喜びの声
スタッフ紹介
営業日・交通案内
予約・お問い合わせ
リクルート
症例紹介
岩永朋之整体サロン
Copyright © 大阪 岩永朋之整体サロン 2015 All Rights Reserved.

PAGE TOP

072-724-3634