特別割引 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
初めての方へ
各種施術
整体
産後のケア・マタニティーケア
美容はり・東洋医学鍼灸治療
子供の整体・小児ばり
交通事故・労災
岩永朋之整体サロンについて
施術料金・システム
スタッフ紹介
営業日 ・ 交通案内
予約・お問い合せ
岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故 072-724-3634
562-0042 大阪府箕面市百楽荘3-5-10
受付時間
午前 9:00-13:00 / 午後 16:00-20:00
休業日 木曜日・祝日
雑誌紹介 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
anan
anan
2012年
12月26日発売号
実績多数、技術で多くの女性に選ばれているサロンとして掲載されました。
anan
CREA
2012年11月号
産後の骨盤矯正・女性のお悩み改善!美容鍼灸や生理痛等の女性疾患に力をいれているサロンとして掲載されました。
岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
【症例】両大腿部前面の疲労
2017年7月14日 金曜日

 

 

利用者

 

男性 10代 箕面市在住

 

主症状

 

両大腿部前面の疲労 (踏ん張る時、膝の屈伸時に疼痛)

 

その他の症状

 

下腿部の疲労

 

過去に受けていた施術

 

特になし

 

主な施術ポイント

 

反り腰へのアプローチ

腸腰筋

股関節、膝関節、足関節の調整

 

施術の経過と内容

 

1回目

体全体を診ると反り腰と疼痛を訴えている部分の固さが気になった。

大腿部前面の固さは反り腰との関連性が高そうだったので初診時はそこを重点的に調整。

さらにその影響から足のすべての関節にも固さが目立ったので調整。

施術後屈伸がしやすくなり、可動域もかなり広がった。

 

2回目

1週間後 かなり痛みは楽になり屈伸時の痛みや可動域も改善。

踏ん張る時の痛みも無く部活ができるようになったとのこと。

前回の見立てで間違いなさそうなので施術のアプローチを変えず施術。

これからは試合も多くなるみたいなので、1週間のペースでメンテナンス。

1週間のメンテナンスで疲労感などがさらに楽になると期間を2週間、3週間と空けながらメンテナンスする予定。

 

考察

今回のケースは明らかに反り腰の影響で大腿部前面に負担がかかっていました。

まずはその状態を取るために腸腰筋を緩める施術、骨盤の調整を行いました。

腸腰筋が緩むことによって股関節の動きは少しは出たがまだまだ固さは残っていたので直接調整をかけました。

すると大腿部前面の筋肉は弛緩しました。

まだ緩める事は出来ると思い膝の調整、股関節から足にかけて全体のバランスを整えるため足関節を調整するとかなりゆるみ屈伸動作の疼痛及び可動域が良くなりました。

 

成長する大事な時期にかなりに負担をかけたことによって反り腰を助長させ今回のように症状が出たと思います。

【症例】逆子と腰の痛み
2017年7月14日 金曜日

 

利用者

 

女性 30代 豊中市在住

 

主症状

 

逆子

 

その他の症状

 

腰の痛み

 

過去に受けていた施術

 

マッサージ

カイロ

整体

 

主な施術ポイント

 

仙腸関節固さ

腎気

脾の運化作用

 

施術の経過と内容

 

1回目

まず整体を行うため問診を行うと貧血状態が診えた。

体は右の骨盤がハイパー(動き過ぎ) 左がガチガチに固まっていました。

検査で骨盤底筋群が弱い(とくに出産経験が多く1回も産後ケアーを行なっていないとのこと。)

整体ではまず骨盤周りを調整。

下腹部の固さやお腹がかなり下がっていたことからクラニアルで調整。

施術後可動域の改善、痛みの軽減が診られた。

鍼灸では舌診、脈診、問診、下腿部の経脈検査で脾胃の弱さが目立ち、腎の弱さもやや感じたのでそれと関係する足の経穴に鍼灸施術でアプローチ。

施術後は脈の変化が診られ、舌の状態は本人もわかるぐらい変化が診られた。

貧血予防のための話と家で行うことを指示。

 

2回目

1週間後 腰の痛みをペインスケールで表すと10→3まで変化。

施術後3日間は全く痛みが出なかったとのこと。

✳︎さらにしゃっくりの位置が変わったと感じたとのこと。

 

整体では前回と同様骨盤の状態をさらにバランスを良くするため施術。

鍼灸では前回の経穴に加えもう一穴追加でアプローチ。

後日電話で逆子改善の電話を頂いてご自宅で安静の指示で終了。

 

考察

今回のケースでは整体の観点で診ると骨盤の状態は良くありませんでした。

やはり痛みが出るという事は環境は良くないことを表しているのだと改めて感じました。

 

骨盤は左右のバランスが真逆の状態でその影響で腰椎はかなり固くなっていました。 下腹部が下がっていたことが骨盤に影響を及ぼしてしました。 そのため下腹部も頭で調整を行うとすぐに起き上がってきました。

鍼灸の観点では貧血、浮腫、冷えとかなり良くない状態。 体液の巡りがかなり悪くなっており運化作用が出来ないぐらい弱まっていました。 さらに命門の腎もやや弱く感じた。 まず運化作用が行われるように鍼灸施術でアプローチ。 するとパンパンに浮腫んでいた足がかなり改善され足の末端もやや温もりが感じられた。

命門の腎を補うための経穴で脈は変化が診られたので1回目終了するとしゃっくりの位置が変わるなど変化が診られたので上記の仮説が正しかったと思われた。

今回の施術以外に家で貧血対策をかなり実行してくれた部分も体の変化がおきやすかったと思います。

【症例】右足のしびれ
2017年7月14日 金曜日

 

利用者

 

男性 70代 箕面市在住

 

主症状

 

右足のしびれ

 

その他の症状

 

肩凝り

腰痛

 

過去に受けていた施術

 

特になし

 

主な施術ポイント

 

歪み

循環

 

施術の経過と内容

 

1回目

検査をするとかなり右の骨盤の歪みが強くでていた。

さらにその歪みから全体を補正しようとして上半身にも歪みが出ていた。

まずはその歪みを整えて体のバランスを整えるように施術。

歪みの影響もあって右の仙腸関節、恥骨周りの筋肉が固かったのでアプローチ。

 

2回目

2日後

しびれの感覚が軽くなったとのこと。

前回と同様に歪みにアプローチ。

 

3回目

1週間後

しびれがあまり感じない程度に日常生活が送れるようになったとの事。

しかし肩凝りは1週間空くと凝ってきてしんどいとの事。

歪みの影響で前鋸筋などにも固さが目立ったので施術。

 

4回目

1週間後

肩凝り、腰痛、しびれがかなりましとの事。

前回の施術で進める。

これからは2週間、3週間空けて様子を診て行く予定。

 

考察

今回のケースではまず長年の歪みが影響して循環不良を起こした結果しびれが出ていたと思われます。

1回目の施術で歪みを整えると遮られていた血の流れがスムーズになりしびれが楽になったのではないかと思います。

しかし、歪みは1回だけでは良くなりません。

施術をしても体は前の状態に戻ろうとします。

だから最初大きな変化は出にくいですが、整っていくと遮られる事もなくなるのでしびれが減少していったと思います。

 

これから期間を空けて どう体が反応するのか? 歪みはまた戻ろうとするのか? などを診ながら経過観察していく予定です。

【症例】産後歩行困難な恥骨結合離開
2017年7月11日 火曜日
患者


20代女性 主婦 大阪市在住

主症状


産後、歩くこともできない恥骨の痛み

 

その他の症状


特になし

 

過去に受けていた施術


特になし

 

主な施術ポイント


恥骨及び関連する組織

 

施術の経過と内容


【1回目】
分娩の負荷により産後すぐより恥骨の激痛により歩行不可能
産院や整形外科ではどうしようもないと言われ、助産師さんに当院に受診するよう勧められ受診
前方歩行:ほぼ不可能
横向きで寝られない
靴下はけない
とうの恥骨結合離開特有の症状

筋肉の再教育
恥骨結合自体は理解しているが恥骨の安定に関与する筋肉の再教育の必要がある
→骨盤に安定感が生まれベッドに乗ることができる

腹部の調整
→腰の回旋運動が可能に

骨盤の調整
→起立時の疼痛消失
前方歩行もゆっくりとできるようになる

セルフケアを伝えて終了



【2回目】
歩行スピードアップ
やや不安感が残る
この不安感をいち早く取り除くことが早期回復へのポイント
機能回復訓練
→歩行及びしゃがむ等の動作もスムーズになる

尾骨の調整
→より歩行に安定感が増す

寝返りは不可



【3回目】
ジャンプしても問題がない程度まで回復
歩行もスムーズに
靴下も履ける程度まで回復

骨盤をより安定させる施術
→寝返りはよりスムーズに

セルフケアの強度をアップし指導



【4回目】
寝返り及び横向きでの就寝が可能になる

以後はより安定性の強化
骨盤底筋ー腹横筋等の連動性の強化を数回施術



考察


恥骨結合理解(機能不全)疼痛のレベルは様々。
やや痛む程度のものから歩行困難なものまで。

しかしほとんどの場合順序を踏んで施術すれば割と早期に歩行などは可能になるケースが多い。
ただトレーニングがうまくできるかなどが回復スピードには影響してくる。
そして、恐怖心をいち早く取り除くことも重要である。

一番気をつけなければいけないのが
自然に痛みが消失したケースだ。
痛みが消失するとほとんどの人はそのままにする。
しかしその場合骨盤底筋群をはじめとする重要な筋肉が回復していない可能性が高い。

そうするとまた再発してしまったり更年期の頃に問題が起こるケースが多い。

早期での機能回復訓練をしっかり行う必要性がある。


関連記事

恥骨結合離開の改善方法は?

【症例】胃腸の弱り・頭痛
2017年6月18日 日曜日

30代 女性

主訴:肩~背中 たまに頭痛

 

過去に受けていた施術

マッサージ

 

主な施術ポイント

内臓下垂

 

施術内容

1回目

かなり細身の体型で、肋骨も狭く、猫背で骨盤がハの字に開いている状態でした。 仕事中の夕方から症状がではじめ、頭痛も出てくるとの事。さらには下痢になりやすい。

いきなり骨盤をいい状態に調整するのは危険だと思い、まずは体液循環がよくなるように調整。

 

2回目

1週間後。 頭痛はあったが、薬を飲むほどではなかった。肩~背中にかけてもマシだった。

前回と同様の治療。 セルフケアとして立ち方を意識してもらう。

 

3回目

生理4日目。 1~2日目にかけて生理痛が腹部にあり薬を服用。 内臓下垂によって子宮も圧迫され排出するときに痛みが生じるのでしょう。

セルフケアで猫背ストレッチを指導

 

4回目

雨の日に頭痛があった。その日以外はでていない。湿度の関係で胃腸の働きがわるくなり頭痛がでたと考えられる。

 

5回目以降

頭痛はでてもすぐ治ったり、でない週もでてきた。しかし、生理痛や下痢があるのでこれからも引き続き体の内側から強めていき、症状の改善につなげていく。

 

考察

内臓下垂による猫背のタイプです。 まずは胃腸の弱りが顕著にみられます。 そのため、下痢にもなりやすく疲れがなかなか取れないといった症状がでてきます。

胃腸が弱いということは、消化吸収機能が弱いという事です。そのため、頭痛もおきやすくなり、貧血傾向といったことがおきます。

東洋医学的にも、胃腸(脾胃)の弱りがあると、食べ物の消化吸収、そこから得た栄養分を全身に運搬することができなくなります。 そのため気血の不足、滋養ができなくなり臓腑にさまざまな病変を起こしてしまいます。 そのため、頭痛や倦怠感などがおこります。 さらには水分の運搬もおこなうので、むくみやめまいなども起こしやすくなります。

脾の働きには、昇清作用といった内臓などを持ち上げる機能があります。脾が弱くなると、内臓下垂、慢性の下痢といった症状がおきます。

なので、セルフケアで内臓を引き上げる筋肉をつけ、胃腸の働きを強くし症状の改善につなげていきます。

【症例】腸の機能が低下しガスが溜まった結果…腰痛に!
2017年6月7日 水曜日

腸の機能が低下しガスが溜まった結果…腰痛に!

 

利用者

 

女性 60代 箕面市在住

 

主症状

 

腰痛

 

その他の症状

 

特になし

 

過去に受けていた施術

 

特になし

 

主な施術ポイント

 

腸 バランス

 

施術の経過と内容

 

1回目

問診を行うと動作の初めに痛みが強いとの事。

視診や触診では反り腰と判断。

以上のことから循環系の悪さや反り腰でも影響で痛みが出ていると判断し施術。

施術後はかなり体が楽になり動きもスムーズになり終了。

 

2回目

翌日

夜帰って寝るまでは良かったが、朝起き上がる時に痛みが戻ったとの事。

前回の施術と重心を整えるため距骨などを施術。

施術後は楽に。

 

3回目

3日後

前回同様施術後は痛みがかなり引くが、朝になるとまた痛むとの事。

もう1度1から検査をやり直すと腸に違和感。 問診では常に便秘で腰を痛めてから痛み止めを飲んでるとの事。

前回のバランスを整える施術に加え腸にアプローチ。

痛み止めを飲まない様に指導。

 

4回目

5日後

ペインスケール10→3まで減少。

痛みはかなり引いたが、重だるさが残るとの事。

前回の施術で進める。 脊柱のアプローチは第4.5腰椎に目を向けて施術。

 

5回目

1週間後

痛みもだるさもかなり楽に。

前回と同じ施術で進める。

 

6回目

2週間後

全く何も感じないとの事。

前回の施術に加え、腸腰筋にもアプローチ。

これからは月に1回メンテナンスで状態を診ていく方針。

 

 

考察

 

今回のパターンではまず最初に腰痛が出たのは重たい物を移動させる時にギグッとなって痛みが出たとの事でした。

それから期間があったのでその時の痛みの影響で動かなさ過ぎて循環が悪くなって痛みが出ていると判断しました。

しかし、経過を診ると改善はその時だけだったので再度検査を行うと腸に反応があり、問診していくと痛み止めの薬の服用が出てきました。

この話から推測していくと 最初重たい物を持った時の痛みは引いている状態でした。 しかし、薬を長い間服用した影響で腸の機能が弱まりガスが溜まりお腹が張っていました。 その状態がひどく腰は反り腰になり痛みが出ていたのではないかと思います。

【症例】産後 左の坐骨神経痛、頭痛
2017年5月31日 水曜日

30代 女性

主訴:左の坐骨神経痛、頭痛

 

過去に受けていた施術

マッサージ

 

主な施術ポイント

肋椎

 

施術内容

1回目

7年前から左殿部から下腿にかけてのしびれがあり、出産後さらにしびれが悪化。

望診でまずは顔色が薄暗いく、見たからに力が抜けている状態だったため、体の回復力を高める治療を行った。

 

2回目

しびれは3日間はマシだった。

仰向けのときに腰が痛い。

周りの筋肉はガチガチたが、骨盤底筋はかなり弱っている。

とくにしびれがでている左側。

鉄分の補給と、同時に骨盤底筋の筋力強化

 

3回目~8回目

治療後3日たつとしびれがでてくる。

肋骨の動きがなく、呼吸がかなり浅いので、肩甲骨を操体法で緩めると頭痛がらくになり、体全体の柔らかさがでた。

セルフケアとしては、骨盤底筋、大腿部の筋力強化を行う。

 

9回目以降

痺れが出る左足を下にして寝ても痺れがでなくなり、仙腸関節の痛みがでるときはあるけれど、しびれはほぼ消失。

電車やバスに乗って上の子を保育園へ送り迎えしても疲労感はでなくなり、今は1人目出産前からあった、肩や胸周りの狭くなっているような張り感が残っている。

 

 

考察

元々胸の締め付け、肩こり、頭痛があり、酷くなると胃もたれが出現し、背中まで痛くなっていた。

その状態でウエディングドレスを着た後、痺れが出現し始め、出産し、整骨院に通っていたが、良くなったりなかなか治らなかったりを繰り返していた。

2人目出産後にさらに悪化し常に痺れている状態が続いた。

かなり疲労もあり、体力が極限まで消耗している状態でした。

それでも育児や家事はしないといけない。

さらには上半身はガチガチで呼吸が浅い、そのため、消化吸収が悪くなり疲労が回復せず骨盤が締まるものの締まりにくい状態になっていました。

今回の症例は、今まで根本的に治していなかった部分が産後をきっかけに大きく症状として現れていたのでしょう。

【症例】股関節の痛み
2017年5月30日 火曜日

30代 女性

 

主訴:股関節の痛み

 

 

過去に受けていた施術

 

マッサージ

 

主な施術ポイント

 

肝臓 卵巣

 

施術内容

 

1回目

パトリックテストをすると顕著に右股関節の開きが悪く、痛みも伴う。同時に仰臥位で腰椎回旋時の痛みもある。

朝起きた時のスッキリ感もなく、常にしんどいとのことなのでまずは疲労回復をメインで治療。

 

2回目

治療後夕方には痛みが再発していた。

仙腸関節の硬さが顕著にあったので調節。

ペインスケール10→5

 

3回目

治療前のペインスケール10→5

話を聞いていくと毎月生理痛があるとのこと。

なので卵巣へのアプローチを行う。

そうするとペインスケールが10→3に。

 

4回目

股関節を開ききると痛みはまだあるが日常生活でへ支障がなく、腰椎回旋時の痛みもなくなった。それと同時に生理痛がなくなった。

 

 

考察

 

常にしんどいのが普通だからスッキリした状態がわからない。

との事だったので、代謝が落ちてしまっている状態。

そのため肝臓が重くなり、その重さで卵巣が下垂し痛みがでていると考えられる。

それと同時に骨盤内の血液やリンパの流れもわるくなり、骨盤の硬さも出現し、生理痛もでていたのでしょう。

今は日常生活では痛みはなく過ごせているし、生理痛もないが、右の排卵痛を伴うためまだ治療が必要ではある。

3人お子さんもいて、産後の状態は覚えていないとの事。それほど育児で大変だったのでしょう。

でも骨盤は歪んだまま固まっていきます。

今は症状が出ていないかもしれませんが、お子さんが大きくなって一息ついた頃に痛みが出てくることもあります。

なので産後のケアはすごく大切になってきます。

【症例】バーベキューに行っただけなのに肩凝りや腰痛に!
2017年5月30日 火曜日

 

 

バーベキューに行っただけなのに肩凝りや腰痛に!

 

その理由は???

 

 

 

利用者

 

女性 30代 大阪市在住

 

主症状

 

肩凝り

背中

腰痛

 

その他の症状

 

特になし

 

過去に受けていた施術

 

鍼灸

マッサージ

整体

カイロ

 

主な施術ポイント

 

循環

膵臓

 

施術の経過と内容

 

1回目

検査を行うと膵臓に反応があったので調整。

循環力が低下していたので全体のバランスを整えるのに仙腸関節、胸郭をメインに調整。

施術後可動域が広がり終了。

 

2回目

3日後

3割痛みが楽になったとの事。

前回同様に施術。

施術後トレーニング指導。

 

3回目

1週間後

ペインスケール10→5に。

再度検査を行うと股関節が固く目立っていたので恥骨と共に調整。

施術後かなり体が軽くなったとの事。

トレーニング指導。

 

4回目

1週間後

ペインスケール10→0 何も感じないとの事。

前回と同じ施術で進める。

今後は期間をあけて状態観察していく。

 

 

考察

 

初診時に検査を行うと季肋部の硬さが目立ちました。

その中でも特に膵臓のあたりに動きのなさを感じ問診で聞くとここ1週間で2回バーベキューしたとのこと。

膵臓の反応として過度の脂摂取で膵臓が固くなり循環が筋、関節の骨格系よりも内臓に集中したことにより筋肉にしっかりと血液が行き渡らず栄養不足になり肩凝りや腰痛などの症状が出現したと判断しました。

そのためまず内臓の調整。

循環不良で関節が固くなっていたので関節調整。

上手く行くと内臓調整も数回で整い今回はまさに数回で整った症例でした。

【症例】長時間の車の運転で腰痛
2017年5月25日 木曜日

筋肉よりも関節をみてあげて!!!

 

利用者

 

女性 50代 箕面市在住

 

主症状

 

腰痛

 

その他の症状

 

特になし

 

過去に受けていた施術

 

特になし

 

主な施術ポイント

 

脊柱

中臀筋

 

施術の経過と内容

 

1回目

中臀筋が固く関節の動きを邪魔してると判断し施術。

動きは出たが関節の連動性が上手くいっていないと判断し足関節、脊柱にアプローチ。

 

2回目

3日後

ペインスケール10→5 痛みが鈍痛に変化

前回と同じ施術で進める。

バスタオルで出来るセルフケア指導。

 

3回目

10日後

ほぼ何も感じなくなったとの事。

前回と同じ施術に加え腹筋に対してアプローチ。

 

4回目

3週間後 全く問題ないとの事。

前回と同じ施術で進める。

これからは1ヶ月に1回メンテナンスに移行。

 

 

考察

 

今回のケースでは長時間の車の運転や冷えなどによって筋肉が緊張した事。

さらにその筋肉の影響で本来動かないといけない関節が上手く動かなくなりさらに筋肉に負荷をかけていたこと。

それが腰痛につながったと思われます。

関節が固くなるところまでいかなかったらある程度自分の力で痛みが引きますが関節が固くなると筋肉にさらに負荷がかかるのでなかなか痛みが引きません。

だから施術はまず固くなっている関節を動かしてあげる事で筋肉の負荷も取れ回復すると私は思います。

今回はそれを行った結果すぐに痛みが楽になったと思われます。

サイトマップ
ホーム
初めての方へ
各種治療
施術項目・料金
お喜びの声
スタッフ紹介
営業日・交通案内
予約・お問い合わせ
リクルート
症例紹介
岩永朋之整体サロン
Copyright © 岩永朋之整体サロン 2015 All Rights Reserved.

PAGE TOP

072-724-3634