特別割引 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
初めての方へ
各種施術
整体
産後のケア・マタニティーケア
美容はり・東洋医学鍼灸治療
子供の整体・小児ばり
交通事故・労災
岩永朋之整体サロンについて
施術料金・システム
スタッフ紹介
営業日 ・ 交通案内
予約・お問い合せ
岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故 072-724-3634
562-0042 大阪府箕面市百楽荘3-5-10
受付時間
午前 9:00-13:00 / 午後 16:00-20:00
休業日 木曜日・祝日
雑誌紹介 岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
anan
anan
2012年
12月26日発売号
実績多数、技術で多くの女性に選ばれているサロンとして掲載されました。
anan
CREA
2012年11月号
産後の骨盤矯正・女性のお悩み改善!美容鍼灸や生理痛等の女性疾患に力をいれているサロンとして掲載されました。
岩永朋之整体サロン いわなが整骨院 箕面 豊中 池田 吹田 北摂 骨盤矯正 交通事故
夏に不足しやすい栄養素は、たんぱく質と○○
2017年7月19日 水曜日

 

最近、話題になっている新型栄養失調のことをご存知ですか?

 

3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_s

 

 

カロリーは足りているのに、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの特定の栄養素が不足することで引き起こされる栄養失調が近年増えてきています。

 

特にたんぱく質不足による筋力低下の問題は、ロコモとともにテレビでよく耳にするようになりました。

 

そして、これは高齢者に限っての問題ではなく、若者にも増加傾向にあります。

 

学校では子どもたちの体力・運動の能力の低下が見られ、「運動器検診」というのが実施されるようになりました。

 

そして、たんぱく質の他にもこの夏に不足しやすい栄養素があります。

 

 

 

 

 

その栄養素が不足すると

 

○不眠

 

○イライラ

 

○キレやすい

 

○疲れやすい

 

○集中力低下

 

○うつ

 

○無表情

 

○口内炎

 

○しびれ

 

○貧血

 

 

 

 

といった症状がでます。

 

そう、不足している栄養素はビタミンB群です。

 

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、パントテン酸、ビオチン、ナイアシン、葉酸はお互いに複合的に関わり合っているため、ビタミンB群として摂取しなければなりません。

 

 

その働きは、

 

 

○エネルギーの産生

 

○脳神経伝達物質の材料

 

○活性酸素の除去

 

○鉄欠乏性貧血の改善

 

 

とし、心身の疲労回復に必要な栄養素であることがわかります。

 

ビタミンB群は、豚肉を筆頭に牛や鳥の肉やレバー、魚、豆、緑黄色野菜に含まれています。

 

これから、どんどん暑くなってきますが、夏の間、肉類を摂らず、のどごしのいい麺類ばかりを摂っていると、秋頃に夏バテでぐったりしてしまいますよ〜。

 

しっかり肉類を摂取しても消耗が激しいとビタミンB群は欠乏します。

 

 

 

 

では、ビタミンB群を消耗する要因を見てみましょう。

 

偏った食生活

→炭水化物のみの食事、

  Bキラー食品(コンビニ食、インスタント)

 

加齢

→ビタミンBの貯蓄の低下

 

妊娠、授乳

→赤ちゃんに優先的に譲渡

 

ストレス

→抗酸化作用に加わることで消耗

 

頭をよく使う

→受験など

頭をよく使った翌日にはビタミンB1の尿中排出が増加するというデータがある

 

胃弱

→ビタミンB群が豊富な肉類が消化できない

 

抗生物質の長期投与

→ビタミンB群のうち、パントテン酸、ビオチン、ナイアシン、葉酸は腸内細菌からも作られるのだが、抗生物質によって腸内環境が崩れると生産量が減る

 

特定の薬と飲酒

→特にピル、抗がん剤    ビタミンBは、肝臓で栄養代謝と解毒に関わるため、肝臓をいじめる薬全般はビタミンB群を消耗する。肝臓をいじめる飲酒も同じ

 

疾患

→糖尿病、甲状腺機能亢進症

 

 

 

 

当院には、お子様連れの方も多くいらっしゃるので、赤ちゃんにビタミンB群が不足すると、

 

 

 

夜泣きをする

 

寝つきが悪い

 

機嫌が悪い

 

よくギャンギャン泣く

 

 

 

といった傾向が多く見られ、慢性的にビタミンB群不足が続くと脳神経伝達物質が十分に作れず、無表情、無感動、発達の遅れといったことにもつながっていきますし、痙攣も起こしやすくなります。

 

 

妊娠中、つわりがひどくてバランスの良い食事がとれなかった、赤ちゃんが泣くからゆっくり食べられず、とりあえずお腹を満たす炭水化物の摂取が多いといった方は、母体も赤ちゃんもビタミンB群が不足しているかもしれません。

 

 

暑い夏を乗り切って、子育てを満喫するためにも、産後太りを改善するためにも、赤ちゃんの将来のためにも、ビタミンB群をしっかり摂取するようにしてください。

 

 

 

妊娠中の栄養について
2014年11月28日 金曜日

現在、妊娠中のお母さん または妊娠をお考えのお母さん

栄養って意識していますか?


それなりに意識されている方も多いかもしれませんし、全く気にしていないなんて方もおられるかもしれません。
 
でもね、よく考えてみて下さい!?
 
赤ちゃんの栄養は100%お母さんから吸収すると言うこと・・・
 
 
最近では、先天性異常(奇形)などの問題も指摘されています。
 
ここでは、赤ちゃんの発達に良い栄養素などを中心にご紹介いたします。
 
 
 
 
妊娠中避けるべき食品について
 
まずは妊娠中に避けたほうが良い食品を誰でも知ってそうな内容ですが念のため書いておきます
生の魚介類
ノロウイルスなどの感染のリスクが高まります。しっかりと加熱調理されたものを食べましょう!
 
生肉
「O-157」や「トキソプラズマ」などの感染のリスクが高まります。
特にトキソプラズマは免疫を持っていない妊婦さんが感染すると、胎児に感染し
障害が残る可能性があります。(先天性トキソプラズマ症)
 
生肉って好きな人からすると美味しくてたまらないですよねー
でも、授乳が終わるまでは我慢してくださいね!
 
マグロなどの遠洋魚
マグロにはDHAやEPAといわれる優れた栄養成分が多くふくまれています。
しかし、わずかですが「メチル水銀」が含まれています。
通常は摂取しても、体外へ排出されますが、
妊娠中は胎盤を通して胎児に吸収されてしまいます。胎児はそれを排出できまん
影響としては神経系の発達に影響があるといわれています。
 
 
 
そのほか
生卵(サルモネラ菌による嘔吐、下痢のリスク)
チーズ(リステリア菌の感染リスク)
アルコール
添加物を含むもの
白砂糖
牛乳
 
 
妊娠中にとるべき栄養素
 
妊娠中は胎児にも栄養が必要なため妊娠していない時に比べて質も量も大切になってきます。
目安として2・3割はUPしてください。
 
でもむやみにとるのはただ太るだけ・・・難産の原因になるし、お医者さんにもおこられてしまいます。
 
ベタな視点の栄養学は他のサイトを見ていただくと沢山のっていますが、ここではちょっと違った点でご紹介します。
 
 
 
タンパク質
これはまず基本です。体の構成要素のほとんどがタンパク質でできているといっても過言ではありません。
ホルモンの原料となる「コレステロール」実はこれもタンパク質からできているんですね!
 
ほとんどの方がタンパク質不足です。
 
大事なのでもう一度
 
ほとんどの方がタンパク質不足です。
 
食材で言えば赤身のお肉なんかがいいのではないでしょうか?
赤身のお肉はタンパク質も豊富ですし鉄分なども含んでいますので貧血の予防にもなります。
 
 
 
 
 
奇形を予防するといわれている栄養素
 
ビタミンB12と葉酸は奇形を予防する栄養素といわれています。
葉酸は最近有名になりましたが、ビタミンB12と合わせてしっかりと妊娠前から摂っておくといいみたいです。
 
 
ビタミンB12
ビタミンB12は貝類などにふくまれていますが食中毒などには十分注意してくださいね!必ず加熱しましょう。
 
葉酸
葉酸は実はビタミンの一種でビタミンB群に含まれます。ほうれん草や野菜の葉の部分に多く含まれています。
しかし葉酸は水や熱に弱いため調理をすると含有量がへってしまう場合があります。
 
ちなみに妊娠中は400マイクログラム必要です。
 
ほうれん草で言えば7束・・・
ブロッコリーで言えば8房・・・
 
うんー中々の量ですね。
 
サプリメントで摂る方がよさそうですね。
 
 
 
 
妊娠を継続させるホルモン分泌や、胎盤安定、貧血改善の為に必要な栄養素
タンパク質、ヘム鉄、ビタミンB群これらの栄養素が安定した妊娠生活には必須です。
特に妊婦さんの貧血改善は必須ですね!  

・タンパク質は上記でも述べましたが、やはり基本となる栄養素でホルモンの原料にもなります。  

・ヘム鉄は鉄分の一種で吸収されやすいのが特徴で肉や魚などの動物性食品に多くふくまれております。 一方、野菜や穀物に多く含まれる鉄分を非ヘム鉄といいます。非ヘム鉄は吸収率が低いです。
しかし、日本人が食事から摂取する鉄分は85%がこの非ヘム鉄だそうです。
ヘム鉄を多く含む食品 豚レバー、鶏レバー、牛もも肉、しじみ、あさり、カツオ 非ヘム鉄も動物性タンパク質やビタミンCと摂取することによって吸収率が高まります。  

・ビタミンB群
ビタミンB群は8種類のビタミンがあります。 (VB1   VB2  VB6  VB12  ナイアシン  パントテン酸 葉酸 ビオチン) 互いに協力関係を持ち様々な代謝に関係するため群としてよばれています。  

ビタミンB1
糖質をエネルギーに変えるビタミンです。 穀物類(胚芽米や玄米)に多くふくまれています。  

ビタミンB2
エネルギーの生成に広く関わっています。不足すると口内炎や肌荒れ髪の毛の傷みの原因になります。 妊産婦に起こりやすい症状ですね! レバーやうなぎ、納豆などに含まれております。  

ビタミンB6
タンパク質や脂肪の代謝に必要な栄養素です。 肉や魚またはバナナ、ナッツ、大豆などに多く含まれています。  

ビタミンB12
悪性貧血の予防に有効なビタミンです。悪性貧血とは赤血球の形成や再生がうまくいかないことによって起こる貧血のことです。 その他、不足すると神経が過敏になったり憂鬱になったりします。 動物性食品に多く含まれています。  

ナイアシン
糖質、脂質、タンパク質の代謝に欠かせないビタミンです。その他アルコールの分解もおこないます。 皮膚の代謝や脳神経の働きを助けるとも言われています。 魚類や豆類果実類に多く含まれており摂取のしやすい栄養成分です。  

パントテン酸
ストレスに対抗する抗ストレスホルモン生成する時に必要なビタミンです。 普通の食事をしていれば摂取できる栄養成分です。  

葉酸
葉酸は上記でも説明しましたが、妊娠中の女性は特に摂取してくださいね! 緑黄色野菜などに多く含まれております。  

ビオチン
糖質、タンパク質、脂質の代謝を助け、エネルギーに変えます。健康な髪と皮膚の維持にも必要なビタミンです。 一般的な食物に多くふくまれております。腸内細菌によっても生成されます。    


ビタミB群は胎児の神経の発達に関わりがあるのでしっかり摂取することで脳が安定し 夜泣きなどが減る 理解力が増しイヤイ期が少なくなる などの報告もなされています。        



胎児の骨をしっかりさせる栄養素
Ca(カルシウム) Mg(マグネシウム)これは胎児に関わらず大人も子供も基本ですよね! ちなみに カルシウムを多く含む食材は、桜エビ、プロセスチーズ、しらす、いかなご

マグネシウムを多く含む食材は、ナマコ、豆味噌、油揚げ、大豆製品  
また、出産時にCa Mgが不足すると子宮収縮がうまくできずに難産になりやすい傾向にありますこれは要チェックですねー      



ホルモンバランスが悪い、母乳が出にくい時にとるべき栄養素
ビタミンE ビタミンEを多く含む食品は、あん肝、すじこ、キャビア、いわし、モロヘイヤ 結構マニアックな食材が多いですねー 油、種実類、魚卵類に多くふくまれています。      




これらの栄養に気をつけて摂取し体の隅々まで循環させることが重要です。

運動できる状況なら適度な運動をこころがけ、 「運動できない」「自分ではできない」そんな方は整体によって循環させることがおすすめです。  

関連記事
サイトマップ
ホーム
初めての方へ
各種治療
施術項目・料金
お喜びの声
スタッフ紹介
営業日・交通案内
予約・お問い合わせ
リクルート
症例紹介
岩永朋之整体サロン
Copyright © 岩永朋之整体サロン 2015 All Rights Reserved.

PAGE TOP

072-724-3634